足腰は人間の活動のキホン。足腰をいたわろう。

足腰が立たなくなると、人間何もできなくなります。

しかし、日常生活は身をかがめたり伸ばしたりすることが非常に多いですよね。実はこれ、毎日少しずつ足腰にダメージを与えてしまっているんです。特に和室で生活している方は要注意。立ったり座ったりする距離が長いため、洋室よりもダメージが大きくなります。可能であれば、和室でもテーブルを置いて生活されてはどうでしょうか?

細かい工夫は他にもできますよね。とにかく屈む動作を減らせば良いと考えると、コンセントのタップはなるべく腰あたりの高さにもっていたいところ。洗濯物を入れておくかごも高い場所においておきたいところです。間取りなんかも工夫できると思いますよ。1日1日はわずかな違いかもしれませんが、毎日続くと大きな違いになります。足腰に優しい環境づくりをしましょう。

また、環境づくりだけではなく、自分自身の「姿勢」もできるだけ注意するべきでしょう。良い姿勢を保つことで、体全体のバランスが良くなり、ひいては内臓の機能や脳の機能も高めてくれます。そして、足腰の負担ももちろん軽減されますので、老年期になってもちゃきちゃき動けるようになります。

さて、良い姿勢というと背筋をぴーーーーんと伸ばしたようなものを思い浮かべる方が多いかと思います。しかし、お気をつけください。あまりにも背筋を伸ばして体に負担をかけすぎることで、逆に不健康につながることだってあります。「ヘルニア」になったらもう大変。良い姿勢をしていたはずが、逆に歩けなくなってしまいます。

良い姿勢というのは、あくまでも「バランス」です。
バランスの良い方は、体幹の筋肉がしっかりついています。最近はやりの「体幹トレーニング」ですね。実は背骨自体はあまり重いものをささえることができないのです。背骨を助けるもの、それが腹筋と背筋です。「体幹トレーニング」を行うことで、腹筋や背筋やインナーマッスルも鍛えられ、自然と良い姿勢ができるようになります。背筋ぴーーーん!ではなくて体幹。これを意識しておきましょう。

清潔を保つことはやはり重要。

生活環境を整えることで、毎日の生活が豊かになるのは当然のことですよね。

中でも「清潔」を保つことは本当に重要なことです。人間は健康でなければ、毎日の暮らしの質が一気に下がってしまいます。少しでも喉がいたかったり、鼻がでたりするだけで辛いですよね。いちいち薬を飲んだりするのも面倒です。

大きな病気まではいかなくても、こういった小さな体調不良はどこかしら皆さんお持ちではないかと思います。その原因は「清潔さ」が足りていないことでしょう。

例えば、お風呂場。湿気に加えて、家の中でも一番暖かい部屋になりますので、もっともカビが生えやすい場所になります。そこに何も服を着ずに入るのですから、一番カビが付着しやすい場所ですよね。そんなのボディソープで流せば大丈夫とおっしゃる方もいるかもしれませんが、注意していただきたいのはお風呂場の床です。

お風呂場の床は水やボディソープが流れたとしても、細菌がいなくなることなんてありません。足の裏にはどうしても細菌が付着してしまうのです。足の裏の皮膚はかなり分厚いですが、もしそこに傷があるようならば大変です。そこから細菌が体内に入っていき、健康を害してしまうのです。細菌の種類によっては大きな病気につながることだってあります。

排水溝がつまっていたり、全然掃除していなかったりする場合は要注意。排水溝からさかのぼってきた水の中に大量の細菌が含まれています。そうなれば最悪のパターン。慢性的に体調不良が続くでしょう。

「お風呂場は掃除しないとむしろ汚いんだ」という意識をもって、念入りに掃除を続けておきましょう。たったこれだけのことですが、あなたの毎日が健やかなものに変貌するかもしれませんよ。

できるだけ歩くようにしています

人は、足から年をとっていくと言われています。そのため、足を鍛えることはとても大切なことなのです。足で歩くことができなくなったら、たちまち老けてしまいます。
そのため、なんとか足を鍛えることをしたいと思い、普段の生活の中で、歩くことを心がけています。例えば、スーパーなどに買い物に行くときも、できるだけ歩いて行くようにしています。以前は少しの距離も車を使用していたので、そのことを改めたいと思い、自分の足で歩くようにしています。
そのことは、私の主人も同じように気をつけるようになりました。主人も車を使用して通勤をしていましたが、現在は、自転車を使って通勤することにしています。それを始めてからは、お腹が早く空くようになったといっていました。そのことからも、かなりのエネルギーを消費していることがわかります。
そしてそのように、普段の生活の中で動くことが大切だと考えています。それは、普段の生活の中で行うことによって、毎日継続することができるからです。運動は、毎日行うことが大切です。そしてそのためには、無理をしないで行うことができれば1番いいのです。そう考えると、毎日の生活の中で運動をすることができれば、その方法が1番効率的であると考えています。
そして主人の場合は、自転車通勤をすることで、それを可能にしています。そのため、私の場合も、普段の生活を利用するとすれば、1番いいのは、歩くことなのです。
そして歩くことで、自分の健康を維持することと同時に、節約することもできます。そのため、主人と私が車を使用することがなければ、年間で相当な節約になると思っていますので、その点についても納得できる健康法であると思っています。