清潔を保つことはやはり重要。

生活環境を整えることで、毎日の生活が豊かになるのは当然のことですよね。

中でも「清潔」を保つことは本当に重要なことです。人間は健康でなければ、毎日の暮らしの質が一気に下がってしまいます。少しでも喉がいたかったり、鼻がでたりするだけで辛いですよね。いちいち薬を飲んだりするのも面倒です。

大きな病気まではいかなくても、こういった小さな体調不良はどこかしら皆さんお持ちではないかと思います。その原因は「清潔さ」が足りていないことでしょう。

例えば、お風呂場。湿気に加えて、家の中でも一番暖かい部屋になりますので、もっともカビが生えやすい場所になります。そこに何も服を着ずに入るのですから、一番カビが付着しやすい場所ですよね。そんなのボディソープで流せば大丈夫とおっしゃる方もいるかもしれませんが、注意していただきたいのはお風呂場の床です。

お風呂場の床は水やボディソープが流れたとしても、細菌がいなくなることなんてありません。足の裏にはどうしても細菌が付着してしまうのです。足の裏の皮膚はかなり分厚いですが、もしそこに傷があるようならば大変です。そこから細菌が体内に入っていき、健康を害してしまうのです。細菌の種類によっては大きな病気につながることだってあります。

排水溝がつまっていたり、全然掃除していなかったりする場合は要注意。排水溝からさかのぼってきた水の中に大量の細菌が含まれています。そうなれば最悪のパターン。慢性的に体調不良が続くでしょう。

「お風呂場は掃除しないとむしろ汚いんだ」という意識をもって、念入りに掃除を続けておきましょう。たったこれだけのことですが、あなたの毎日が健やかなものに変貌するかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>