毛の構造について〜医療脱毛のすすめ〜

毛は、意識せずに、生えてくるものです。なので、普段は、みなさんはその根幹部に何があり、どういうメカニズムで毛がうまれるのか意識していないのではないでしょうか。
以下で、毛の構造の知識について、私の知っていることをまとめたいと思います。これを見ていただいて、毛の目に見えない部分を意識していただけたら幸いです。
永久脱毛なんかも流行ってきていますので、そうした施術などをうける際にも知識として蓄えておくと良いのではないでしょうか。
普段毛は、目に見える部分だけを意識してしまいがちですが、その重要な要素は沢山あります。例えば、毛の構造について把握するためには、毛幹、毛根、毛球部、毛乳頭、毛母細胞、毛包について説明する必要があります。
まず、毛幹とは、毛の、表皮から露出している部分のことです。つまり、普段見ている、私たちが毛と認識している部分このこです。毛根とは、毛の、表皮の内側の部分のことです。つまり、毛穴よりも下にある、目に見えない部分の全体のことを指します。
毛球部とは、毛の根元の膨らんだ部分。そして、毛 の作られる部分のことです。この中に毛乳頭や毛母細胞 が存在します。
この、毛球部の中には、毛乳頭や、毛母細胞という組織が存在します。
毛乳頭は、毛細血管から栄養素を受け取って、毛 母細胞へ贈る部分です。毛母細胞から栄養を受け取ることで、細胞分裂を繰り返すことで毛を作ります。
毛包とは、毛穴よりも下にある、毛を取り囲む組織のことです。毛が作り育てられていくなかで重要な部分です。
このように、毛の構造について知ることで、毛は目に見えている部分だけを指すのではないということがわかります。
そしてこれらの流れを人工的に断ち切っていくのが永久脱毛というわけです。肌への負担などということを考えもし永久脱毛をするのであれば医療クリニックなどを利用して脱毛することをおすすめします。
エステサロンなどの安い脱毛は少なからずトラブルなどもあるようです。値段は高くなりますクリニックで医療脱毛をしたほうがあとあとのことを考えると最適です。
永久脱毛はクリニックで!【安全かつ安い医療脱毛まとめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>